とにかく不便なアメリカの医療制度

      とにかく不便なアメリカの医療制度 はコメントを受け付けていません。

アメリカで生活をする上で最も大変で不便だなと思ったのは、医療制度です。
日本の場合は、病院に行きたいと思ったら、いつでもどこの病院でも、アポイントを取る必要がなくいつでも行くことができます。
でも、アメリカの場合はそのようなわけには行きません。

最初に、自分が入っている保健が使える病院を探さなくてはいけません。
そして、病院に連絡をしてアポイントメントを取る必要があります。
ほとんどの場合、アポイントが取れるのが何日も先です。
一度、花粉症のようなアレルギーのような症状から、片方の耳がほとんど聞こえなくなってしまった事がります。
すぐに治療をしてもらいたくて指定の病院に連絡をしたのですが、アポイントが取れたのは1週間先でした。

救急病院に行けば莫大な料金がかかってしまうし、日本の医療システムというのはなんて便利で有難いのだろうと心の底から思いました。
救急車を呼んだ場合も、状況によっては10万円以上の料金がかかってしまうし、アメリカに住んでいたら、急病になった場合は大変なことになるなと思いました。